読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宝塚メイクは怖くないよ

宝塚を初めてみる方や離れてしまった方に読んでもらいたいブログ

ランベス・ウォークは客席降りの定番曲。二階席も行くよ。

ME AND MY GIRL 公演 花組 月組 77・78期生

こんばんわ。ちくわです。

前回の続きにまいります。

ミー&マイガール第二弾です!!

  

takarazuka55.hatenablog.jp

 

ミー&マイガールの作品で思い浮かぶ曲が二曲あります。

一曲目は前回話しましたが、もう一曲は・・それは、

 

ランベス・ウォーク!!

 

ランベスとは、イギリス・ロンドンの南部にある特別区で、今ではロンドンの中でも、人種や言語において、ひときわ多様化が進んでいる街です。

 

カリブ海の匂いがするストリートマーケットが賑わいをみせ、イギリスであることを一瞬感じさせないほどのある種の熱気と魅惑を感じさせる街であります。

が、一方で下町の治安の悪さも否めないところもあります。

 

そんな街が出身の、この作品の主人公ビルとサリー。

この曲はこの街の魅力とそこの住む人々の魅力を歌った曲になっています。

 

ランベス・ウォーク

 

いつだってランベス・スタイル

昼でも夜でも 粋だぜ

誰でもランベス・ウォーク ハイ

 

可愛い ランベス・ギャル

彼女があいつと いつでも

歩くランベス・ウォーク ハイ

 

自由でのんびり 縛られないで

暮らせるとこさ 来てみな

 

一度は ランベス・ウェイ

染まれば毎日 あんたでも やるぜ

ランベス・ウォーク ハイ

 

やるぜ ランベス・ウォーク ハイ

 

二人の愛 ハッピー

それからいつも ME AND MY GIRL

 

先日の2016年花組前夜祭でも、この曲がOGの方たちと披露されたようですね。

この曲は、ジェンヌさんたちの客席降りが定番となっていますが、前夜祭では二階席まできて、最後方の扉からて行ったそうです。

盛り上がりますよね。うらやましい限りです。

もう始まっている本公演はどうなっているのでしょうか?

 

私が観劇した2008年月組の公演の時は、ちょうど初舞台生が出演しており、

二階席にはその初舞台生44人が登場し、歌い踊りとても華やかなものになりました。

 

やはり、客席降りはわくわくしますね!!

 

この曲を聞いてもわかるように、

「ME AND MY GIRL」は

下町ランベス出身の二人のとってもキュートでハッピーなラブコメディ!!

 

ということですね。

ではでは、きょうもこの辺で終わりにしたいと思います。

最後までありがとうございました。

ミーマイのお話はまだまだ、だらだらと続きますよー(笑)

またお付き合いいただけたら嬉しいです。では、

ごきげんよー。ちくわでした。

 

 

 


花組公演『ME AND MY GIRL』前夜祭