読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宝塚メイクは怖くないよ

宝塚を初めてみる方や離れてしまった方に読んでもらいたいブログ

天海祐希 宝塚歌劇団への想い。20年前も今も変わらず・・・「明日吹く風のために・・・」

 

「ミー&マイガール」東京公演での新人公演の時だった。

 

私にとっては、大劇場に続いて二度目の主役。

最初の舞台は無我夢中で時間が過ぎたが、怖さが少しだけわかりかけていた分、緊張感はこの時の方が高かったかもしれない。

 

私は、なんと舞台で、帽子を落っことしてしまったのだ。

 

相手役の檀ひとみちゃんと一緒にテーブルの上に腰かけて、脚をブランブランとふりながらおしゃべりをしているシーンだった。

ポタリ。

手から帽子が離れた瞬間、頭の中が真っ白になってしまった。

どうしよう。

「落っことしちゃった」

それでもなんとか帽子を拾い上げたが、次のセリフが出てこない・・・

 

 第四章 キャリアは自分で作る より

 

 

明日吹く風のために・・・天海祐希

 

明日(あした)吹く風のために… [ 天海祐希 ]
価格:1572円(税込、送料無料)

 

こんにちは。ちくわです。 

わたし、有名人の写真集やドキュメンタリー映像は好きですが、エッセイ本はあまり読みません。

伝えきれない想いや、見えなかった事実の多くを、わざわざ本にしてまで万人に語る必要があるのか?と思うからです。

 

でも、この本は何故かここにあります。少なくとも20年近く、わたしの行く先々についてきました。

いつ買ったのか、なぜ買ったのか、覚えていません。

断捨離をした時、思い切って宝塚関係の物もほぼ買い取ってもらいました。

しかし、この本は今もここにあります。

読むことはほとんどありません。お守りのようにいつもそばにあるだけです。

 

苦悩と葛藤、人と人との絆。

トップになった時に決めた、退団の時期。

阪神大震災。

この本は彼女の宝塚生活の想いが赤裸々に描かれています。

 

100周年記念の時の式典やイベントに姿を見せなかったのは、彼女が宝塚が嫌いなわけではけしてない。

この本を読むと、それが苦しいほどわかります。

 

「宝塚での生活があったからこそ、私は今の私でいられる。

宝塚の生活があったからこそ、これからの私の人生がある。」

 

それはこの本が書かれた20年前から今でも、きっと変わることのない真の想いであることでしょう。

 

www.cinemacafe.net

www.news-postseven.com

 

 

研二の頃からか、「ここはへんだ」「ここはおかしい」「ここは違うぞ」と思うことは、私は休みの要求などを含めてしばしば歌劇団に申し入れてきた。

生意気で扱いにくいヤツだと思われることを承知で、さまさまなことに臆せずに抗議してきた。

下級生のころは聞き入れてもらえない事の方が多かった。

しかし、トップになってからは、

「やっぱりトップは強いなあ」と思える場面にしばしばぶつかった。

 

私は、ひとに比べて恵まれた道を歩いてきたし、恵まれた立場にいる。

もし私ができることがあるならば、なんでもいいからやっていかなければならないと、ずっとずっと考えてきた。

 

後に続く人達のために、状況を一歩でも二歩でもいい方向に変えていけたとしたら、私が宝塚にいた意味だって少しはあったというものだ。

私はドン・キホーテになることを恐れない。

この時代になぜ天海が月組のトップになったのか。正解はそこにあったと、自分なりに答えを出している。

 

第六章 みんなに支えられていまここにいる より

 

天海祐希はいつも、天海祐希のままでいる。

きっとそれが、彼女の何にもかえられない魅力なのでしょう。

 

 

ME AND MY GIRL 1995(DVD)
価格:8640円(税込、送料別)

 

 

誰かのコピーにならないでほしい。

誰かにコントロールされたりなんかしないでほしい。

自分で自分を縛りつけてしまわないでほしい。

ひとつの場所にうずくまっていないでほしい。

世界は一つじゃない。スタイルも一つじゃない。価値観も一つじゃない。

生き方も一つじゃない。道はいっぱいいっぱいあるはず。

たくさんの中から自分なりの”やり方”を見つけ、発明していくことは本当に楽しいし、何よりの喜びである・・・

 

天海祐希

 


  

こちらも一緒にどうぞ

takarazuka55.hatenablog.jp

takarazuka55.hatenablog.jp

 


【宝塚☆スタートーク】陽月華・緒月遠麻#2 100周年でお会いした憧れの天海祐希さん