読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宝塚メイクは怖くないよ

宝塚を初めてみる方や離れてしまった方に読んでもらいたいブログ

25ansヴァンサンカン9月号「松岡修造×紅ゆずる」彼女の尊敬してやまない松岡さんのお歌は泣けます。

こんにちわ。ちくわです。

先日発売になりました「25ansヴァンサンカン9月号」

皆さん、お買い求めになりましたか?

 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

◆◆25ans(ヴァンサンカン) / 2016年9月・
価格:800円(税込、送料別) (2016/7/29時点)

 

お得な電子書籍はこちら👇 

25ans 2016年9月号【電子書籍】[ ハースト婦人画報社 ]

 

いきなり余談ですが・・・

わたしは最近、もっぱら電子書籍を利用しています。

 

確かに、味はありません。

本や雑誌というものはある意味、「ぬくもり」です。

「小説を持ってカフェに行く」

その時間がとても好きなので、単行本などは買います。

 

が、いつでもどこでも読めて邪魔にもならない電子書籍は、携帯アプリゲームの代わりに、今とても重宝しています。

「ぬくもり」の代わりに、「書斎」がそこにあります。

 皆様もよろしければ、電子書籍利用してみてくださいね♪

 

それでは。

本題に入ります。

 

タカラジェンヌがゴージャスに出会ったら/ 松岡修造×紅ゆずる

 

 

f:id:kota0205:20160729120912j:plain

ヴァンサンカン9月号 | メンバーズルーム | 25ans(ヴァンサンカン)オンライン

 

とても素敵な写真です。ゆずるさんはもちろんながら、松岡さんもイケメンさんです。

彼、良く見るとイケメンさんですよね?(笑)

 

やはり、この記事を読むと分かりますね!

ゆずるさんの「行動力とユーモア」の凄さ。

AQUA5をまねて、自分で「紅5」を作ってしまうような彼女です。

松岡さんのあの曲を自分のディナーショーで歌ってしまうなんて。

本気のリスペクトほかありません。

そして、初対面にもかかわらず、ゆずるさんの「やるすぎるタイプ」を見抜く松岡さんもさすがです。

 

かなり熱すぎるお話かと思いきや、自分の想いやファンの方への想いなど、とても楽しく、落ち着きもある対談になっていると思いました。

 

私は諦めの悪い人間なんです。いま、逃げたら、永遠に逃げ続けることになると思うから。

 

宝塚のファンの方たちは私と一緒に泣き、笑ってくださる。それってすごい「応援」だと思います

 

 

 

「やぱ、紅子ちゃん、好きやわ~」と思いました♪

是非、みなさまもお買い求めください。

25ans(ヴァンサンカン) / 2016年9月

25ans 2016年9月号【電子書籍】[ ハースト婦人画報社 ]

 

 

ちなみに・・・これね。ゆずるさんの大好きな曲ね。

元気出ますよーーー!!

てか、意外に泣けますよ。これ、泣けます。

 


松岡修造が熱唱、「C.C.Lemon 元気応援 SONG」フル ver.

 

 

ではでは。きょうはここまでで。

いつもありがとうございます。ちくわでした。

ごきげんよー。

 

 

こちらも一緒にどうぞ

takarazuka55.hatenablog.jp

takarazuka55.hatenablog.jp