読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宝塚メイクは怖くないよ

宝塚を初めてみる方や離れてしまった方に読んでもらいたいブログ

「宝塚友の会」って何してくれるの?かみ砕いて理解し実際に入会・検証してみようと思う②

まとめてみた 宝塚友の会

こんにちは。

やっとこ仕事が決まりました。とはいっても開始は3月の頭からです。

まだまだ時間があるようです。この貴重な時間に感謝しつつ。

きょうも優雅に生きております。

ちくわです。

 

さて、きょうは先日の続きのお話をしましょう。


「宝塚友の会」です。

これは、宝塚公式ファンクラブということは分かりました。

ではきょうはもう少しかみ砕いて理解していこうと思います。

 

 宝塚友の会に入会したら何をしてくれるの?

 

これね、とりあえず大切ですよね。

前回5つのメリットをざっと紹介しましたが、きょうはもう少し詳しく見ていきましょう。

 

1. 宝塚友の会だけの先行販売

宝塚大劇場・東京宝塚劇場・宝塚バウホール公演などの宝塚歌劇公演について、一般前売に先がけてチケット会員先行販売を実施。

  • SS席から会員席を準備。
  • 一般前売に先がけてチケットを販売。
  • インターネット(パソコン・携帯電話)またはお電話から利用可能。

 

 2. 会員限定イベントを実施

会員向けに宝塚歌劇出演者によるトークショーを実施。

f:id:kota0205:20170216123605j:plain

  • 「ステージトーク」「トークスペシャル」など。
  • その時に上演している公演の新人公演主演コンビなどが実施。

 

3. チケット・グッズが割引購入できる

割引指定公演の、S席・A席・B席の料金を500円割引。

  • 宝塚大劇場・東京宝塚劇場の平日2回公演日の2回目公演を予定。
  • 宝塚友の会チケット会員先行販売でお求めの場合に限る。

 

キャトルレーヴ店舗での、DVD・BD・CDの購入時5%割引。(一部商品除く)

  • 店頭での直接購入のみの割引。(インターネットでの購入は対象外)
  • タカラヅカレビューSTACIA VISAカードでご決済。
  • カード機能がない会員はお会計時に提示のうえ現金での支払い。

 

4. 各種施設の利用優待

「宝塚歌劇の殿堂」では入館料500円が半額。

f:id:kota0205:20170216123032j:plain

宝塚大劇場レストラン優待。

「ステージスタジオ」では貸衣裳代を540円割引。

 

「宝塚ホテル」宿泊料金を通常料金の20%割引。

 レストラン、バーでの利用料金を通常料金の10%割引。

  • チェックイン時に会員証提示。
  • 会員VISAカードで利用料金決済の場合、利用金額の 3.5%相当のSTACIAポイント還元。

 

5. 雑誌の定期購読ができる

雑誌「歌劇」「宝塚GRAPH」を毎月発売日に送料無料で定期購読可能。

  • 年間申込みとなり、1年間12冊8,640円(税込)。
  • 定期購読料は、三井住友カード㈱が指定口座より引落し。
  • 解約のお手続きがない限り、自動継続。
  • (残念ながら割引はありません・・・)

 

さらに。

ステイタスポイントをためて当選確率UP!

  • 宝塚友の会サービスのご利用状況に応じてステイタスポイントが加算されるステイタス制。
  • ステイタスランクは、チケット会員先行販売「抽選方式」抽選時における当選確率を上げる要素の一つとなる。
  • サービスを使えば使うほど、チケットが当たりやすくなる!

 

VISAカードなら、貸切公演に参加できる!

  • 三井住友VISA宝塚歌劇貸切公演等も実施。 

 

 

これがメリットになります!

いかがでしょうか。

 

個人的な感想を話させていただきます。

現段階でわたしの宝塚観劇実態と照らし合わせてみると、

何とも入会する意味が見えてきません・・・

理由はこちら。

  1. 現在宝塚歌劇団の公演をほとんど見ていない。
  2. 下級生は未知の世界。
  3. 1公演を何回も見ない。
  4. 宝塚大劇場はほぼいかない。
  5. 購入する宝塚GRAPHは表紙で決める。

だめじゃん(笑)

これ、10年前に入っておくべきでした・・・

大活躍だったに違いありません。

後悔です(*_*)

 

只今観劇をたくさんして、大劇場にもたくさん行って、若手を発掘することにも喜びを感じている方。

是非入会してみてください。

 

わたしもこんな状況ですが、もう少しかみ砕いてから試しに入会してみることにします(笑)

 

ではでは。きょうはここまでで。

ちくわでした。

ありがとうございました。

ごきげんよー。

 

 

こちらも一緒にどうぞ

 

takarazuka55.hatenablog.jp

takarazuka55.hatenablog.jp