読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宝塚メイクは怖くないよ

宝塚を初めてみる方や離れてしまった方に読んでもらいたいブログ

宝塚観劇と一緒に「銀ブラ」はいかがですか?。良いものは良いものを生み出します。

こんにちは。ちくわです。

もう夏も近づいてきましたね。田舎でも暑くなってきました。

しかし、こんなのどかな風景ばかりを見ていると、都会のビルが見たくなります。

 

都会は迷います。

今は携帯があるので何とでもなりますが、昔は大変でした。

人に聞きまくるしかありません(笑)

 

今でも東京宝塚劇場に行く時は、地下鉄には極力乗りたくありません。

東京駅で乗り換えも嫌いです。大手町も嫌いです。

 

でもなぜか大手町で降りてしまうことが多いんです。なぜでしょう。

乗り換えで迷うのでしょうか。自分でもわかりません。

出口でも迷います。どこでもいいから出てしまいます。

地上に出て、適当に歩いてると着きます(笑)

 

最近は銀座線か有楽町線にしか乗りません。ちかくで乗り換えもしません。

時間のある時は、銀座で降りるようにしています。

最初からそうしましょう。

銀ブラしましょう。

 

ところで。

前置きが長くなりました。今日はその銀座のお話しをしたいと思います。

 

憧れの銀ブラ

f:id:kota0205:20160611115728j:plain

 

そもそも銀ブラとは。

「銀座をぶらぶらすること」ということです。

ぶらぶらしたいです。

 

が、こんな語源もあるらしいですよ。

 

「銀座の<カフェパウリスタ>にブラジル珈琲を飲みに行くこと」

 

大正時代に当時は珈琲が珍しく、銀座で珈琲を飲むことが大きなステータスだったため、慶応大学の学生が言い始めたということ。

多くの著名作家もこの喫茶店に通っていたそうですね。

 

 こちらもどうぞ👇

カフェーパウリスタ「コーヒーギフトセットD」

 

この説は嘘か真か・・・

 

とにかくです。

かの有名な「銀ブラ事件」もあるように、天皇陛下ですら「銀座にいきたい」のです。

知ってますか?天皇陛下の銀ブラ事件。

学生時代、友人に頼んで抜け出し「銀ブラ」をしたという。

ほんとリアルローマの休日のようです。恋物語ではなく、青春物語ですがね。

でもなんだか、そんな天皇陛下のお人柄、今もとても好きです。

 

銀座はそんな魅力的な街なんですね。

 

8月には毎年「浴衣で銀ぶら」など歩行者天国ではたくさんのイベントも開催されてますよね。これ、すごく気になります。

ゆかたで銀ぶら | GINZA OFFICIAL – 銀座公式ウェブサイト

 

高級な大人の街ではありますが、それだけ魅力の詰まった街であります。

街並みを見るだけでも、その風景は、田舎の自然の風景と同じくらい、そこからパワーを与えてもらえます。

 

良いものは良いものを生みます。

宝塚観劇の後は「銀ブラ」なんてどうですか?

 

毎日の現実のストレスから少し離れて、「良いもの」を心身共々吸収する。

これが、あなた自身が「良いもの」を誰かに与えられる源になるのではないでしょうか。 

 

今日はここまでで。

いつもありがとうございます。ちくわでした。

ごきげんよー。

 

 

 こちらも一緒にどうぞ

takarazuka55.hatenablog.jp

takarazuka55.hatenablog.jp 

retty.me