読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宝塚メイクは怖くないよ

宝塚を初めてみる方や離れてしまった方に読んでもらいたいブログ

偉大なトップスターの背中を見て育つ若手スター達② 2007年星組公演「エル・アルコン鷹」 

こんにちわ。

シン・ゴジラにはあまり興味がありませんが、

一時閉館したパルコ劇場と、渋谷パルコをぶち破ったシン・ゴジラは見たかったです。

しかしゴジラは、ダークヒーローかどうなのか、それが謎です。

ちくわです。

 

では、きょうもなつかしの公演プログラムのお話をしましょう。

 

星組公演 エル・アルコン-鷹- 

 

2007年11月~2008年2月

宝塚歌劇団星組公演 主演 安蘭けい

エル・アルコン-鷹-/レビュー・オルキス(DVD)

 

この作品は今噂の「2.5次元ミュージカル」。

原作は青池保子さんの漫画作品です。

 
 

 

主人公ティリアンは七つの海を征服する野望を胸に秘めていた。

そのためには手段を選ばない男だった。

 

この作品は宝塚の作品には珍しく、主役が悪役という作品でした。

平然と人を殺せる根っからの悪役、

とうこさん(安蘭けい)のダークヒーローです!!

 

ストーリーは正直よく覚えていません・・・

1番(唯一)印象に残っているのは。

「エ、エ~ル アルコ~ン」

「ななつのう~みが~ 待つものがたり~」

とにかくインパクトのある歌詞やメロディーと、ダークヒーローが歌う、わる男の歌声!!

 

どうか皆様、とうこさんの悪役ぷりを見てください。

とうこさんはパーシーの印象が強いですが、

ティリアンもたまらんでした(*ノωノ)

悪い男のくせに、その冷たい言葉で次々と女を堕とすんです。

男勝りのあすかさんの女海賊を、意外と優しいイヤラしい含み笑いでおとすんです。

たまらんです。

(遠い記憶のイメージなので、内容と違ったらすみません)

 f:id:kota0205:20160816035139j:image

f:id:kota0205:20160816031047j:image

 

ちなみに個人的には、和涼華さんの海賊君もすごく好きでした。

もう少し彼女の宝塚の舞台を見たかったですね。

 

f:id:kota0205:20160816035237j:image

 

そして二番手だった柚希礼音さん。

すみません・・・よく覚えてません。

当時、とうこさんが待ちま待ったトップスターに就任し、8年もの学年の差があった、とうこさんとちえちゃんの間には、まだまだ埋められないキャリアの差があったのかもしれません。

 

どちらかというと、むしろ当時研2ぐらいだった真風涼帆さんの方が印象にありました。

「誰ですかーあのこは!?」てな感じでしたね。

 

f:id:kota0205:20160816032742j:image

f:id:kota0205:20160816035302j:image

 

しかし、ちえちゃんは若きし頃から変わらない凛々しさです。

 

真風さんも入団したその時から期待を裏切らない人です。

どれだけの努力を重ねているのでしょうか。

トップスター候補がここに!!

ですね。 

f:id:kota0205:20160816040502p:plain

 

そしてそして、

ここにも次期トップスター様が!!

 

f:id:kota0205:20160816040441p:image

 

くれないさーん。

 

f:id:kota0205:20160816040448p:image

 

紅5の皆様と並びながら、なんだかむつっとしてますが紅さん。

何か機嫌が悪かったのですか?(笑)

とても気になります。

 

そして最後にこのお方もいました。

「名付けの親」のもとで、頑張っていたのですね。

 

はい!

キキちゃん!

研1の頃でしょうか。

 

f:id:kota0205:20160816040506p:image

 

たくさんの若手スター様たちが、偉大なトップスター安蘭けいのもとで育ち、

そして100周年を見事に守り抜き、

今もまた宝塚歌劇団を盛り上げています。

伝統というものは、こうやって作られていくものなのでしょう。

今後も目が離せません。

 

それでは、きょうはここまでで。

いつもありがとうございます。ちくわでした。

ごきげんよー。

 

 

こちらも一緒にどうぞ

 

 

www.youtube.com

takarazuka55.hatenablog.jp

takarazuka55.hatenablog.jp